今回のテーマは、結婚相談所や恋愛コンサルや恋愛アドバイス、その他婚活や恋活に限った話ではなく、あなたがビジネスをより円滑に取り組みやすく、稼ぎやすくなるための投稿になります。

今回は3つご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

1.同調圧力

 

みんなが◯と言ってるから◯かもしれない。みんなが×と言ってるから×かもしれない。

これは、戦後日本人に植え付けられた日本の教育による概念になります。

日本の教育は個性を無くす教育。と言われることもあります。

回れ右!と先生に言われたら皆が従い、左を向いた人は白い目で見られる。

前へならえと先生に言われ、しなかった生徒は先生に怒られる。

周りが就活をしているから、就活をしないと変な雰囲気になる。

などなど、挙げたらキリがないくらいに日本という国は同調圧力が多々見受けられます。

 

これをビジネスで考えてみてください。

流行り始めたから、やる。

周りが儲けてるから、やる。

あの子がうまく言ってるから、やる。

 

みんなやってるから、あなたも上手くいくとは限らないのが「ビジネス」です。

また、事業主、経営者としては、他が始めたから、うちも始める。ではいつまで経っても

超えられない壁が存在することになることも多いので注意が必要です。

 

2.知らないものではなく知ってるものしか取り入れない

日本人の特徴としては、「嫌いなものを嫌がる」のではなく「知らないものを嫌がる」という習性があります。

しかし、ビジネスの本場「シリコンバレー」では逆です。(行ったことないですが笑)

周りがやってないからやる。

周りがやってないから興味を持つ。

ということです。

最近話題になった「Clubhouse」が面白い例です。

日本人に広まっていなかった時期のユーザー数は数千人しかいなかったようです。

しかし、SNSで瞬く間に広がり、「あの人が始めたから、私たちも始める」の日本人特有の連鎖により、他のSNSに一瞬並ぶんじゃないか。くらいのブームになりました。

まさに、日本人の同調圧力をうまく使った戦略と言えます。

ビジネスで大切なのは、知らないものを嫌うのではなく、知らなかったものの価値を見極め、いち早く良し悪しを見極め、取り入れることです。

でなければ、いつまで経っても儲けることはできません。

 

では、結婚相談所やマッチングアプリに当てはめるとどうなりますか?

もうお分かりかと思います。

 

3.所属欲求

マズローの5段階欲求の上から3段目に「所属欲求」というものがあります。

これは、人は社会的にどこかに所属していたい。人の輪の中にいたい。そんな欲求がある。という欲求です。よく言われる「承認欲求」は所属欲求が満たされると出てくる欲求になります。

 

ということで、同調圧力+知らないものを嫌う+所属欲求と、最悪な選択のオンパレードです。

だから日本は先進国の中でも遅れを取ります。

 

・10万円の定額給付金も支給が遅かった

・飲食店の休業協力金の支給も遅い

・ワクチンの接種数もヨーロッパに比べかなり遅い。

 

その原因は、仕組みや組織の形にも問題がありますが

日本人特有の理由も含みます。

大切なのは「柔軟性」です。

新しいものを受け入れるスピードが大切です。

あなたの受け入れスピードはいかがでしょうか?

今後、副業やビジネスを始める方には特に知っておいていただきたい内容です。

今知らないものが、3年後、5年後、当たり前になることはスマートフォンで証明されているはずです。10年前にはあり得なかったことが今では当たり前になってる世の中です。

そこに着目しながら、どんなビジネスを行なっていくか。考えていただければ誰でも成功者になれると思います。