Home



恋愛アドバイザー資格認定

「オンライン」「ワーケーション」「在宅ワーク」全てを可能にした「雇われない働き方」・「個の働き方」

JLC認定恋愛アドバイザー認定資格は、昨今のオンライン化に伴い、「結婚<恋愛」の需要が伸びているとの見解から、恋愛や婚活にまつわる様々な悩みに対し、的確なアドバイスができるアドバイザーを育成するプログラムプログラムになっています。
人生で一度や二度、誰でも恋に悩む瞬間はあるのではないでしょうか? 自分の将来を占い師に占ってもらうように、恋愛に悩んだらアドバイザーに話を聞いてもらう。そんな日本にしていけば、今よりもっと肩の荷を下ろした生き方ができるのではないかと考えております。

もっと多くの日本人に再度、「結婚することのメリットの認知」や「素直に結婚したいと思ったときに、結婚できる世の中」に変えていくことを理念としております。

質の高い確かな出会いの提供

一般

簡単な説明があればお願いします。

一般

簡単な説明があればお願いします。

一般

簡単な説明があればお願いします。

オンラインでいつでもどこでも働ける!?

新型コロナウイルスの感染拡大により、世の中が自粛ムードなのは言うまでもありません。
現在、「オンライン市場の拡大」「企業の副業の推進」「在宅ワークの推進」が大いに注目されています。
また、2020年では、「晩婚化」「少子化」がさらに進むという話題も尽きません。
そんな日本人が様々な方面で不安や悩みを抱える現代において
当協会が考えるこの先の日本の需要と新しい働き方が 「恋愛アドバイザー」という新しい仕事です。

◆「晩婚化」「少子化」の原因とは!?

まず、昨今話題になっている「晩婚化」「少子化」問題について、原因を模索してときに浮上してきたのが
【出会いの場は増えているのに、なぜ晩婚化は進む!?】という疑問です。
当協会では、「出会いの量」は増えているが、「出会いの質」は下がっていると考えています。
いわゆる、【コミュニケーション能力の低下】および【相手の気持ちの理解力の低下】が
主な問題となり、「悩み相談」「アドバイス」の需要が増加しています。
そこで浮上していきている新たな仕事こそ「恋愛アドバイザー」です。

◆コロナ時代に合ったオンラインでできる仕事の促進

コロナ禍・アフターコロナ時代において、さらにオンライン市場の拡大が見込まれています。 当協会では、時代に合わせた「恋愛アドバイザー」という仕事が、オンラインで活躍できるよう、他サービスと連携を取り、誰でも活用できるオンラインという可能性を秘めた、全国どこにいてもできる仕事の実現をしています。

◆取って終わりじゃない!!資格取得→活用◎

日本では様々な資格が登場していますが、ほとんどの資格が 「取得して満足」に終わります。 もちろん、それでも良いと思います。 ですが「取得して満足」から「取得して活躍」までサポートできるのが恋愛アドバイザー資格および当協会のサービスです。 また、「Yahoo!ニュース」や「ブライダル産業新聞」など、メディアにも取り上げられ、これからの発展を期待されている資格でもあります。


ちなみに、アメリカでは夫婦カウンセラーという仕事が生まれ、大変人気を集めていると聞きます。
日本はアメリカよりもかなり流行が遅れているため、あまり聞き慣れないかもしれませんが
統計上、アメリカで流行ることは、いずれ日本でも流行ります。
①夫婦カウンセラー→既婚者向けサービス
②恋愛アドバイザー→独身者向けサービス
としてそんな仕事が合ってもおかしくないのではないでしょうか?
新しい時代の幕開けで 新しい仕事が生まれ 新しい需要が生まれます。
恋愛アドバイザーという仕事は、その1つです。
一般

認定資格

資格名をクリックして、詳細をご覧ください。

JLC認定恋愛アドバイザー1級 JLC認定恋愛アドバイザー2級 JLC認定恋愛アドバイザー3級

活動報告

2020年10月19日(月)|ニュース オンライン恋愛スクール「コイサポカレッジ」と提携し、恋愛アドバイザー2級以上を取得されている方の活動の場としてご利用いただけます。

2020年9月15日(火)|ニュース

恋にまつわる相談マッチングサービス「コイサポ」と提携し、当協会発行の恋愛アドバイザー資格認定者の活躍の場としてご利用いただけます。

2020年7月20日(月)| ニュース

新型コロナウイルスの影響を受けコンテンツの大幅改定および資格受講のオンライン化を開始しました。

ブライダル産業新聞
2020年7月11日(土) | ニュース

ブライダル産業新聞に、当協会が発行する恋愛の資格が紹介されました。

2020年3月17日(火) | 活動報告

開催イベントを活動ギャラリーに追加しました。